オプション取引 実践編

第10回 コールとプットを両方買う戦略 ~ロングストラドル・ロングストラングル

日経平均株価が上がっても下がっても利益になる 第1回~4回では、IV(インプライドボラティリティー)が低く天井を示唆する場面で下落狙いのプットオプション買い戦略を解説しましたが、その場所が天井ではなくその後もまだ上がっていく、という...
オプション取引 実践編

第9回 クレジットスプレッドとコンドル

オプションの売り買いポジションで「受け取り」の状態 株やFX、日経225先物などは今から上がるのか下がるのかをしっかり当てないと利益にはなりません。しかしオプションを利用することで、「多少上昇しても、この水準を超えることはないだろう...
オプション取引 実践編

第8回 デビットスプレッド

相場が崩れるとオプション価格は上がりやすい 日経225先物、日経225miniはダイレクトに日経平均の上昇下落を利益に変えることが可能です。天井圏で売って予想通り下落すれば、また大底で買って上昇したときに利益を得ることができます。問...
オプション取引 実践編

第7回 日経225先物+αのオプション戦略③

ボラティリティーが高い局面のオプション戦略 下落相場で機能するシンプルなオプション戦略として紹介した「プットオプション買い戦略(第1回~第4回)」ですが、これは天井付近で逆張り的にプットオプションを買う戦略でした。相場が上昇し天井を...
オプション取引 実践編

第6回 日経225先物+αのオプション戦略②

カバードコール戦略の威力とその限界 日経225miniを10枚(日経225先物1枚に相当)ロング(買い持ち)し、その水準よりも高い権利行使価格のコールを売るという「カバードコール戦略」は、コール売りによるプレミアムの受け取り額の分が...
オプション取引 実践編

第5回 日経225先物+αのオプション戦略①

コールオプションを売る「カバードコール」戦略 日経225先物や日経225miniの取引で、相場の読みが外れることは日常茶飯事です。読みが外れて相場が逆行してしまった場合には、「損切り(ストップロス・ロスカット)」により損失を限定させ...
オプション取引 実践編

第4回 プットオプションの買い戦略④

「相場変動の大きさの予想」を数値化 プットオプションがなぜ10倍、50倍、70倍にもなりうるのか、この爆発力の根拠を知ることで、プットオプションを手掛けるタイミングを計ることができます。今回はプットオプションの爆発力の源の一つ、イン...
オプション取引 実践編

第3回 プットオプションの買い戦略③

日経平均が動くと、プットオプションの価格はどう動く? プットオプションの仕組みは、満期において日経平均株価が自分の選択した権利行使価格よりも下にあった場合に、その権利行使価格とSQ値(満期における日経平均の特別な精算価格)との差分の...