米国VI売り実践動画 2020年2月4日

この記事は約1分で読めます。

■米国VI活動報告 2020年2月4日 午前7:05

米国S500売り 10枚 -16653円
米国VI売り 80枚 -109774円
含み損益 -126427円
利益合計 +86306円

S500が上昇してもVIが落ちないという厳しい展開が続いております。
VIが落ち難いと感じるこの感覚は、更なる上昇に繋がりそうな手応え。
辛抱の時期が続きます。

S500を合わせるポジションへの感想

S500を合わせている感覚は、イマイチ。
安心感も収支的にもよく有りません。
これは毎回の事。

ただ、共に試行錯誤している友人の方ではバランスが取れているように見えていて、私の忍耐力が足りないだけかもしれません。
今回は何かの結果を見るまで続けてみます。

VIX指数チャート   2/4(火)7:20

バックワーデーション
差額 -0.53

引き続き、期近に異常な過熱感を感じる相場が続いています。
コロナウィルス騒ぎも沈静化に向かっている印象出てきているのに、違和感が有ります。
何か次の下落原因が出てくるのでしょうか?